元刑事が書くデジモノブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元刑事が書くデジモノブログ

警察歴7年の元刑事が、警察過去話からデジモノレビューまでやってます!

Apple Magic keyboard レビュー

iPadProを何とかラップトップの使い勝手に引き上げたいと模索している今日この頃です。

 

iPadをラップトップと同等に使おうと思うと、不可欠なものがあります。

マウス(あるいはタッチパッド)と、キーボードです。

しかしiOSの仕様上、現時点でiPadに対応しているマウスは正式にはありません。

なので、細かい作業をする際はスタイラスペンしか用意されていないのですが、これは仕様上諦めるしかありません。

 

  

キーボードは、今回SmartKeyboardが同時発売されたので、それで申し分は無いのですが、キーピッチが狭いので慣れも必要なのと、長時間のタイピングには向いていないのが現実です。

なので、Apple純正キーボードも購入いたしました。 

 f:id:radmusicdays:20170331202259j:image

Apple Magic keyboard(US配列)です。

正直に話します。

本当はJIS配列が欲しかったのですが、あまり確認せずにレジに持っていき、家に帰ってから気が付きました。

「なんかEnterキーが細い」

 

ちなみにJIS配列のMagicKeyboardはこちらです↓

f:id:radmusicdays:20170331130603j:plain

Enterキーが縦2列分あり、なじみのあるデザインです。

また、かなキーや英字キーがあり、言語切り替えも一般的なPCと同じ方法の1ボタンで変更可能です。

 

当初は返品しようかと思いましたがSmartKeyboardもUS配列だったので、使っていれば慣れると信じ、継続して使うことにしました。

 f:id:radmusicdays:20170331202308j:image

横から見た写真です。

規則正しく配列されており、見た目もスリムでカッコイイです。

やはりEnterキーが細長いので最初は慣れが必要でしたが、慣れれば全く問題ありません。

 f:id:radmusicdays:20170331202316j:image

奥側から見た写真です。

真ん中にLightningケーブルの差込口があり、ここから充電できます。

一回フルで充電するとなかなか電池の持ちが良く、なかなかバッテリーが減りません。

iPadとペアリングすると、通知センターからバッテリー残量が確認できます。

f:id:radmusicdays:20170311224345p:image

こんな感じです。さすが純正と思えるところです。

それと、本体の右上部分にかなり小さいですが電源スイッチがありますので、使わないときはオフにしておくことで、さらにバッテリーを節約できます。

 f:id:radmusicdays:20170331202324j:image

裏面です。

プラスチックのパネルに、さりげなくAppleロゴマークがカットしてあります。

ゴム足が4ヶ所付いていますが、あまり高さが無いので目立ちません。

 

f:id:radmusicdays:20170311224558j:image

筆者のiPhone6を並べた写真です。

キーボードの手前側(パーム側)は、iPhone6より薄いです。

打っていると、キーボードが微妙にしなりますが、強度的には問題なさそうです。

 f:id:radmusicdays:20170331202332j:image

キーピッチは約19mmで、十分な間隔が開いてます。打ちやすいと感じます。

打鍵感は新型macbookに採用されている超薄型とは違い、Macbook Airで採用されている少し厚みのあるキーボードに似ているので、適度に沈みます。

重量は公式数値で231gです。

iPadPro9.7のSmartKeyboardが公式数値で230g。ほぼ同じです。

サイズはコンパクトなSmartKeyboardに軍配が上がりますが、実際に持つと重心の関係でMagicKeyboardの方が軽いような気がします。

家でゆっくりブログ書くにはMagicKeyboardの方が安定してタイピングできます。

 f:id:radmusicdays:20170331202353j:image

インテリアとしても素晴らしいデザインなので、持っていて損はしないと思います。